セフレにされがちな女性


私の友人にも数名心当たりがありますが、どうやら「セフレにされやすいオンナ」が世の中には存在しています。

何とも不思議なのですが、「男性から自然と大切にされる女性」と、いくらガンバっても「男性に粗雑に扱われるオンナ」に分かれてしまうのです。8LlnWiyKi7G21yG

大切にされる女性は、たとえば自分から「セフレでも構わないから傍に置いて」といったとしても、相手はこう答えます。

「正式な彼女としてつきあって欲しいんだ」と。

男性から見て、本当に大切にしたいと思える女性なのです。

対して、都合良いオンナとされやすいタイプは、「本命の彼女になりたい」と懇願しても、相手の男性はこんな反応です。

「こいつは都合良いオンナのままでいいヤ」という感じで、まともに取り合ってすらもらえません。

そんな風に、一旦「こいつは都合の良いオンナ」と男性に認知されてしまうと、大切には思ってもらえなくなってしまうのです。8lSX

そして結果、身体の関係だけのセフレ状況と化してしまい、「大切にしてもらえないスパイラル」から抜け出せなくなって行くのです。

相手の男性にとって、都合が良いだけの女性になってはなりません。

直ぐに相手と肉体関係をもってしまう風潮が顕著な昨今だからこそ、自分自身をしっかり見つめねばならないのです。

日常セフレ体験記

セフレが今までに一度もできたことがない人からすれば、セフレなんてどうでもいいものに感じるでしょう。

でも、一回でもものすごく相性が合うセフレと出会ってしまうと、セフレがいない生活に戻ることはできなくなるでしょう。

セフレの目的はもちろんセックスです。

でもセフレがいることで、日常生活におけるいろんなことが円滑に回り始めることは往々にしてあります。

異性との恋愛経験が少ない人は、「愛情=セックス」と考えがちなので、セフレの重要性についてあまり理解できないと思います。

でも恋愛経験を一通り経験してくると、恋愛のよい面だけではなく悪い面についても見えるようになってきます。

嫉妬や裏切りなどで傷ついて、しばらくは恋はできない。8mF1lGRw

でも体が寂しい…。

こういう気持ちは大人ならではの感情ですね。

これを埋めることが出来るのはセフレだけではないでしょうか?

次の恋人が出来るまでの静かな時間を、セフレとともにゆっくりと過ごすのイイですね。

やっぱりあまりにも長い間セックスをしていないと、他人から見てもわかるくらい潤いのない人になってしまいますから。

結婚してからも同様にいろいろあります。

結婚はゴールインではなく、スタートなんです。

夫婦2人きりの問題だけではなく、子供の問題で衝突もします。

嫁姑問題がきっかけで、夫婦まで険悪になることもあります。

そんな時、先のことなんて何も考えずにセックスにおぼれることが出来れば、気分転換が出来ますね。

外で性欲を発散することで、家庭内が円満になる…。

こう考えると、セフレの存在は結構役に立つのではないでしょうか?

最新記事

  • 兵庫県と一言で言っても、その中で幾つかの地方に分けられるようです。 大阪も同じことが言えますが、外の人間から見てもひとつの府県だと思っていても、いざ中に住んでいると場所によって色が違うということがあります。 こういった様 …

    セックスフレンド作りは相手の出方に対応